2009年11月04日

【X-14/X-15/PB-44】熱いクリスマス/リン・グレアム

PB-44.jpg

熱いクリスマス (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

<あらすじ>
婚約者を見送りに行った空港で、いきなりフェイスは見知らぬ男性から「ミリー」と呼びかけられた。人違いだと言っても、彼は諦めない。あまりのしつこさに、フェイスは逃げるように立ち去ったが、数日後、彼は再び現れて言った。「きみと僕が知り合いだった証拠を見せてあげる」突きつけられた一枚の写真に写っていたのは…(『過去をなくした天使』)。

大邸宅で住みこみの庭師をしているアンバーは、週末の客を見て驚いた。ロッコ―彼は一年半前、アンバーがマスコミにふたりの関係を暴露したと勘違いして彼女を捨てた。アンバーが妊娠しているとも知らずに…。ロッコは彼女をスパイだとののしり、解雇するよう家主に忠告すると言う。アンバーは慌てて彼の部屋へ向かった(『届かなかったプロポーズ』)。


『過去をなくした天使』
行方不明になった恋人を探し続けた3年間。偶然に再会した彼女は、記憶を失い、別の名前を名乗っていた。
「祭壇のようにしていた」2人の愛の巣。自分の傲慢さと誤解が招いたとはいえ、ジャンニの悲しさが非常に伝わってくるシーンです。
それにしても、弟ステファノ、サイアク!

★★★★

『届かなかったプロポーズ』
典型的な誤解から別れた相手が妊娠していて、のパターン。
目新しいことはないですね。

★★★




新書: 282ページ
出版社: ハーレクイン (2007/11)
ISBN-10: 4596815445
ISBN-13: 978-4596815446
発売日: 2007/11

ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | クリスマス・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。