2009年07月05日

【PS-43】情熱のカウントダウン/ジェイミー・デントン、キャリー・アレクサンダー、ナンシー・ウォレン

PS-43.jpg

真夏の千一夜―砂漠の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
去年の大晦日、ナタリーは壮麗な邸宅で開かれた仮面舞踏会でジョーという魅力的な男性と出会った。二人の間に特別な何かがあると思ったのもつかの間、彼は突然姿を消してナタリーを置き去りにした。そして今、一年ぶりに再会し、話しかけてきたジョーを前に、彼女は復讐を決意する。一緒に過ごすのは今夜だけ。そのあとは…もう二度と会わない(『黒いミュール』)。

イザベルにはトムというすてきな友人がいた。二人はメールでしか互いのことを知らなかったが、少し前から彼はしきりにイザベルに会いたがるようになっていた。もし顔を合わせてトムを好きになったりしたら、この関係は間違いなくだめになる。つらい生い立ちのせいで自分に価値を見出せないイザベルは、絶対に会うつもりはないと彼に告げるが…(『リボンのサンダル』)。

ひそかに思いを寄せてきたレイフから退屈な人間だとほのめかされ、アリアナは彼が間違っていることを証明しようと決意した。それにはまず何か大胆なことをしなければ。レイフが主催する仮面舞踏会で、アリアナはパートナーをとっかえひっかえしながら誘惑するように踊り続けた。するとレイフが不機嫌そうに割りこんできて、彼女を独占し始めた(『真っ赤なハイヒール』)。


著名なシューズメーカーが大晦日に開催したパーティで出会った3人の女性。
シングル女性3人が、もし1年後の大晦日もシングルだったらこうやって会おうと約束することから始まります。

3人の作家の競作で、それぞれとっても刺激的な展開です。

★★★★


新書: 242ページ
出版社: ハーレクイン (2006/12)
ISBN-10: 459680043X
ISBN-13: 978-4596800435
発売日: 2006/12
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 22:00| Comment(0) | プレゼンツ・スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。