2009年06月07日

【HT-6】買われた子爵夫人/キャサリン・コールター

HT-6.jpg買われた子爵夫人 (ハーレクイン・スポットライト)

<あらすじ>
地味でやぼったい令嬢。それが、最近までのダフネだった。ところが、大叔父の遺した屋敷で暮らすダフネのもとへ突然叔母が現れ、強引かつ性急な“変身”を強いたのだ。眼鏡はコンタクトレンズに、流行遅れの服はドレスに…。まるで私じゃないみたい。夢見心地で帰宅したダフネは、見知らぬ男性が屋敷を歩きまわっていることに気づく。大叔父の爵位を継ぐアメリカ人ブラントが訪ねてきたらしい。ダフネが物陰からこっそり観察していると、ブラントはかつての彼女の写真を眺めてうめいた。「ひどいな」なんと無作法な人!怒れるダフネはまだ知らなかった―そのブラントの花嫁になるよう、遺言で命じられていることを。


叔父の遺言により結婚しなければ財産を相続できないといわれたブラント。相手は叔父の死によりその管理下から解放され、まさにシンデレラが変身するように見事に花開いたばかりのダフネだった。
2人はお互いに好意を抱き始め、屋敷を守るために結婚を決める。世間知らずだったダフネは徐々に自我が芽生えはじめ、自分がなにもできないこと、自分がなにも所有していないことに対して苛立ち始める・・・

ブラントはアメリカに(肉体関係のみに近いとはいえ)恋人を残してきたのに、結婚しちゃうかなり自分本位キャラ。そんな彼が誰とも付き合ったことがないどころか、家庭教師のもとで学んだ妻をめとるというのは本当に赤ちゃんにいちから教えていくことだということに気が付きません。赤ちゃんと違って言葉もしゃべれるし、自由に行動できるだけにまた大変。
いくつになっても自分と違う世界を知り、それを理解するのってた大変だなっていうお話でした。

★★★


新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2006/09)
ISBN-10: 4596335060
ISBN-13: 978-4596335067
発売日: 2006/09
人気ブログランキングへ

2009年04月25日

【HT-3】私の知らないあなた/ローリー・フォスター

HT-3.jpg
私の知らないあなた (ハーレクイン・スポットライト)

<あらすじ>
エンジェルはある計画を胸に、元恋人デリクのオフィスを訪ねた。今日は休日。彼のほかには誰もいない。予定どおりだ。だがデスクから顔を上げたデリクと目が合った瞬間、彼女は予想もしなかった熱い震えに襲われた。なぜかしら?彼はまるで初めて会うかのように私を見ている。計画のことも忘れ、エンジェルは魅入られたように立ち尽くした。だめよ。今はどうしても彼の助けが必要なのだから、すべてを奪った憎い相手であろうと、彼の歓心を買わなくては。意を決してキスを誘うと、彼はかつてとは別人のように情熱的に応じた。冷酷な彼と熱いキス。矛盾にとまどいつつ彼女は思わず我を忘れた。


「熱く危険な夜に」の主人公ミックの保護者エンジェルがメインのお話です。
ミックがまだ16歳で、捜査官になる前の過酷な時代が描かれています。

エンジェル自身もだまされ、予定外の妊娠で出産をしますが、再び相手の男性の元を訪れます。しかし、そこにいたのは双子の兄。別人のようだと思いながらも、間違いに気づかぬまま再び関係を持つようになったと思いこむエンジェル。一方、間違われた方のデインにも、思惑があって・・・。

「熱く危険な夜に」とどっちを先に読んでも、問題なしです。

★★★

⇒【PS-24】熱く危険な夜に/ローリー・フォスターの内容を読む



新書: 188ページ
出版社: ハーレクイン (2006/08)
ISBN-10: 4596335036
ISBN-13: 978-4596335036
発売日: 2006/08

人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。