2011年11月21日

【LS-132】危険な駆け引き/リンダ・ハワード




LS-132.jpg

危険な駆け引き (シルエット・ラブストリーム (LS132))


<あらすじ>
「その男をとめて!」混雑したロビーでサニーは叫んだ。搭乗便の出発のめどが立たないうえに、今日中に届ける約束の書類をひったくられるとは。すると前方で、長身の男が犯人を取り押さえた。その恩人との出会いは、サニーにさらなる幸運をもたらす。チャーター機のパイロットだという彼が、足止めされたサニーを目的地まで送ると言うのだ。思わずサニーはチャンスと名乗る彼の厚意に飛びついた―すべては仕組まれたシナリオどおりだとも知らずに。


マッケンジー家の息子で養子のチャンスが主人公。
仕事のため、罠をしかけた相手は犯罪者の娘。悪の撲滅のためと冷酷になるチャンスだが、共に過ごすうちにサニーの本質に気づき、彼女を愛し始めます。

典型的なパターンなのですが、マッケンジー家の作品を続けて読んでいるとだんだん家族に愛情を持ってきているので、はまりますねぇ。

★★★★


【関連作】
●【LS-15・LV0092】熱い闇/リンダ・ハワード
 長男ジョーが主人公




<LS-132>
新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2002/03)
ISBN-10: 4596631328
ISBN-13: 978-4596631329
発売日: 2002/03

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

【LS-20】危険な守護天使/マリー・フェラレーラ




危険な守護天使 (シルエット・ラブストリーム (LS20))


<あらすじ>
殺人事件の目撃者の警護をグレーは命じられた。だが目撃者は昔かけ落ちまでした仲だった。グレーはあくまで刑事と目撃者との間柄を崩さないことを心に誓う。

殺人事件を目撃したことで、犯人に命を狙われるヒロイン・ケイトリン。彼女の警護にやってきたのは、元恋人のグレアム。彼女の母親の反対を押し切り、駆け落ちをするはずがすれ違い、失敗に終わった恋の相手。再会し、誤解が解けたことで関係を復活しますが、そこに彼が前妻との間に引き取った養子のことで親権争いの訴えを起こされます。彼の勝訴のために、結婚を申し出るヒロイン。
そこから定番のゴールへとつっぱしるわけですが、殺人事件がちょっと薄くなったあたりがもったいないかんじのてんこ盛りな1作です。

★★★



新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (1997/07)
ISBN-10: 4833548194
ISBN-13: 978-4833548199
発売日: 1997/07

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

【LS-324】消せない傷を抱いて〜孤高の鷲5/ゲイル・ウィルソン




LS-324.jpg

消せない傷を抱いて―孤高の鷲 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
情報分析官としてCIAに勤めるグレイスは上層部に逆らったばかりに中東の無法地帯へ赴くことになった。そしてヘリで視察中に銃撃に遭い、とらわれてしまう。幽閉された洞窟で、瀕死のパイロットの介抱をしながら、彼女の脳裏をよぎるのは、唯一愛した男性ランドンの面影だった。一度きりでいい。死ぬ前にひと目ランドンに会いたい。あきらめたはずなのに、封印してきた恋心はつのるばかりだ。その夜、肩を揺さぶられて彼女が目を覚ますと、眼帯をつけた屈強な男がかたわらにいた。救出のため、軍に送りこまされてきた精鋭の兵士だろう。でも面影が…。まさか!?グレイスは息をのんだ。元CIAエージェントたちをホットに描いた人気ミニシリーズの最新作。


命の危険が迫るところに、元恋人が救出にくる。非常にドラマチックな作品なのですが、ちょっと読みにくいのが残念。うーん、同じ人のシリーズなのですがね。

★★★


【関連作】
●【LS-234】復讐の鐘が鳴るとき〜孤高の鷲1/ゲイル・ウィルソン
●【LS-238】親密な他人〜孤高の鷲2/ゲイル・ウィルソン
●【LS-242】薔薇の迷宮〜孤高の鷲3/ゲイル・ウィルソン
●【LS-265】暗闇のレディ〜孤高の鷲4/ゲイル・ウィルソン





新書: 219ページ
出版社: ハーレクイン (2007/04)
ISBN-10: 459663324X
ISBN-13: 978-4596633248
発売日: 2007/04

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

【LS-51/P-243】夢の破片〜ミトラの三つの星1/ノーラ・ロバーツ




P-243.jpg

夢の破片―ミトラの三つの星〈1〉 (シルエット・ラブストリーム)
夢の破片―ミトラの三つの星〈1〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)

<あらすじ>
ある雨の朝、ケイドの探偵事務所を美貌の女性が訪れた。瞳は謎めいてきらめき、青白い顔は妖精のように、はかなく繊細だ…。それは彼にとってまさに夢の女性の出現だった。彼女は、行方不明者の捜索をしてほしいと切り出した。「捜してほしいのは私。私、自分が誰かわからない」所持品は、美しい装いにそぐわないキャンバスバッグ一つ。そこには手の切れそうな百ドル札の束がぎっしり詰まり、さらに三八口径のピストルと、目を奪うばかりの巨大なダイヤモンドが入っていた。身元のヒントになるものは一つもない。札束とピストルとダイヤモンド。失われた記憶。ケイドは誓った、何がなんでも謎を解明することを。


何らかの象徴的存在らしい3つの宝石をめぐり、事件に巻き込まれた女性たちが主人公のシリーズ第一作。
今回のヒロインは記憶喪失のまま囚われていた場所から脱出し、探偵に「自分の正体探し」を依頼します。
自分が何者なのか、所持品から犯罪者かもしれないと疑われるのに、丸ごと受け止めてくれるというロマンチックな展開へ。

「きみは完璧だ。完璧で最高で言うことなし。
愛しているよ。一目見たときからずっと」

こんなこと言われてとろけない女はいませんよね。


★★★




<LS-51>
新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (1998/11)
ISBN-10: 483354850X
ISBN-13: 978-4833548502
発売日: 1998/11

<P-243>
新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/01)
ISBN-10: 4596752435
ISBN-13: 978-4596752437
発売日: 2005/01


読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

【LS-265】暗闇のレディ〜孤高の鷲4/ゲイル・ウィルソン




LS-265.jpg

暗闇のレディ―孤高の鷲〈4〉 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
富豪の父の死によって生活が一変し、バレリーは困りはてていた。派手な生活を嫌ってひっそりと暮らしてきたのに大仰にもボディガードがやってくるなんて。手術跡の残る不自由な脚を哀れまれることにも、財産目当ての求婚者に言い寄られることにも、じゅうぶん傷ついてきた。もう誰とも関わりたくない…。バレリーは、目の前に立ちはだかるたくましい男性を見つめた。グレイと名乗る彼は、全身に危険なオーラを漂わせ、傲慢な態度をとりつづけている。こんな男性を信用できるわけがないわ。


【関連作品】
⇒【LS-234】復讐の鐘が鳴るとき〜孤高の鷲1/ゲイル・ウィルソン
⇒【LS-238】親密な他人〜孤高の鷲2/ゲイル・ウィルソン
⇒【LS-242】薔薇の迷宮〜孤高の鷲3/ゲイル・ウィルソン


孤高の鷲シリーズの第4作。
ボディガードとクライアントの関係から恋に落ちるストーリー。ヒロインは足に障害を持っていて、そのことでハンディを持っていると思われることを避けるあまり他人に甘えられなくなっている人物。そのかたくなっぷりがすごい!でもなぜ「暗闇」なのかなぁ?

★★★



新書: 228ページ
出版社: ハーレクイン (2005/11)
ISBN-10: 4596632650
ISBN-13: 978-4596632654
発売日: 2005/11

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

【LS-329】いにしえの叫び声/シャロン・サラ




LS-329.jpg

いにしえの呼び声 (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>ソノラは麻薬取締局捜査官。逮捕に失敗した麻薬ディーラーから命を狙われていた。だがそのこと以上に彼女を悩ませていたのは、白昼折りにふれて突然現れる幻影と夜ごと見る夢だ。何か計り知れない力が自分を動かそうとしている。身を隠すため、あてもなくバイクを走らせていたソノラはその力に導かれるようにある町にたどり着いた。そして立ち寄ったガソリンスタンドで、幻は現実になった!毎夜夢に現れる男性が謎めいた表情で目の前に立っていたのだ。「来たんだね。僕についておいで」それは夢と同じ言葉だった。

犯罪者を取り逃したヒロイン。逆に命を狙われ、隠れるために運命に導かれるように移った地で出会ったのは夢に出てきた男性。彼は孤児だと思っていた彼女に実の父がいることを告げます。
魔法のような出来事と現実的な内容が交差する物語。サスペンス部分がもうひとひねりあってもよかったなぁ

★★★




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2007/06)
ISBN-10: 4596633290
ISBN-13: 978-4596633293
発売日: 2007/06

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

【LS-242】薔薇の迷宮〜孤高の鷲3/ゲイル・ウィルソン




LS-242.jpg

薔薇の迷宮―孤高の鷲〈3〉 (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>クレアは夜の薔薇園にひとりたたずんでいた。ここはグリフと過ごした思い出の場所だ。南部有数の大富豪にして、若きCIA幹部。冷徹な頭脳と熱い肌を兼ねそなえた男性。いまだクレアが愛してやまないグリフ・キャボットは一年前テロリストの凶弾に倒れ、帰らぬ人となった。グリフ、あなたがいなくて本当に寂しいわ。今わたしを苦しめている難題も、あなたならきっと…。ふいに闇と濃い霧の向こうに人影が浮かびあがり、深みのある声がクレアの思いをさえぎった。「きみの力になりたい」。

死んだと思っていた人が実は生きていて…というパターンにサスペンスが加わった作品。
サスペンスとしては上級、ロマンスとしてはちょっと…。

★★

【関連作】
●【LS-234】復讐の鐘が鳴るとき〜孤高の鷲1/ゲイル・ウィルソン
●【LS-238】親密な他人〜孤高の鷲2/ゲイル・ウィルソン




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/05)
ISBN-10: 4596632421
ISBN-13: 978-4596632425
発売日: 2005/05

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

【LS-262】永遠をさがして/シャロン・サラ




LS-262.jpg

永遠をさがして (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>ウエイトレス、それとも財閥令嬢。どちらの人生が私にとって幸せなの?かつて、社会を震撼させたマローン財閥令嬢誘拐事件。私がそのさらわれた令嬢だったなんて。小さな食堂を営むオナーは、亡き母の遺した手紙に驚愕した。母は幼女を誘拐した罪を詫びる一方、我が子として育てたオナーへの深い愛情を綴っていた。とても信じられない…。オナーは途方に暮れ、マローン家の代理として手紙を携えてきた男性を見つめた。トレース・ローガンは厳しく冷たい表情を保ったままだ。二日前に食堂に現れたときは、甘い言葉で私を口説いたのに…。オナーには、一族のもとへ帰るべきだと主張するトレースが悪魔の手先のように思えてならなかった。

自分が実は赤ちゃんのときに誘拐されており、母だと信じていた人は誘拐犯だった…。母が遺した手紙を渡され、驚がくするヒロイン・オナー。好意を抱いた相手トレースは、実はそのことを告げにきた相手。スタートは険悪なものになってしまったものの、トレースの真摯な愛情が伝わり、オナーとトレースは関係を深めていきます。そこにからむ、彼女の存在をよく思わない人物の罠。
ドキドキする展開と、誠実なヒーロー。おすすめです!

知原えすによりコミック化されています。

★★★★






新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/10)
ISBN-10: 4596632626
ISBN-13: 978-4596632623
発売日: 2005/10

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

【LS-327】拒まれたプリンセス〜奪われた王冠1/マリー・フェラレーラ




LS-327.jpg

拒まれたプリンセス―奪われた王冠〈1〉 (シルエット・ラブストリーム)



<あらすじ>結婚式が数日後に迫っていた。好意すら抱いていない許嫁の王子との望まない結婚。だが、王女であるアメリアには、より大きな国と同盟を結び、自国と国民を守る義務があった。唯一の心残りは、本物の愛を知らぬまま結婚すること。一度でいいから愛される喜びを味わいたい。そんな気持ちでいた彼女を迎えに来たのは、許嫁ではなく、遠い昔に胸を焦がしたラッセルだった。今やたくましい男性へと成長した彼を前に、アメリアはたったひとつの望みをかなえようと決意した。

お互いに惹かれあっていながらも王位継承の掟のために、嫌な相手と結婚しなければならなかったアメリア王女。しかし、思いを寄せる相手の公爵・ラッセルとお酒の勢いを借りて関係を持ってしまいます。二人の関係はそれきりのはずが、政略結婚の相手の死により、ラッセルが新たな結婚相手となり、事態は複雑に。

二人は晴れて結婚するものの、さまざまな謎や二人の愛の本質的なつながりはまだ解決されないまま続くようです。

★★★





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2007/05)
ISBN-10: 4596633274
ISBN-13: 978-4596633279
発売日: 2007/05

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

【LS-238】親密な他人〜孤高の鷲2/ゲイル・ウィルソン




LS-238.jpg

親密な他人―孤高の鷲〈2〉 (シルエット・ラブストリーム)


孤高の鷲の第2作。

1作目【LS-234】復讐の鐘が鳴るとき〜孤高の鷲1/ゲイル・ウィルソン

<あらすじ>この三年間、キャスリーンに心休まる日はなかった。マフィアから大金をだましとり行方をくらました夫ロブのせいで、何も知らないにもかかわらず、金のありかを求める悪漢たちに追われつづける日々なのだ。かつては愛し、すべてをささげた男性。だが今は、この世でもっとも憎い男性。二度と顔を見ることはないだろう。いや、絶対に会いたくない。ふいに、物思いから覚めたキャスリーンは凍りついた。向こうがわの車の運転席に座っているのは―ロブだ!彼は冷たいまなざしでこちらを見すえ、ゆっくりと…。

整形した顔が偶然にもヒロインの行方不明の夫にそっくりだったため、追われることになった元CIAエージェントのジョーダン。前作で罪をかぶったことから整形したのですが、そのために手に入れた顔で新たな守るべきものを手に入れます。
生きがいを失ったヒーローが、あまりハッピーな状況ではないとはいえ、息を吹き返す過程がスリリングに描かれています。そのなかで、2人の子供と心を通わせる様が素敵。英語ではなんていってるんでしょうね。

「パパになりかたを教えてあげる」
というおしゃまな娘とのやりとり、きゅんときますよ。

名台詞のところだけ英語でも読みたいー!

★★★

y




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/04)
ISBN-10: 4596632383
ISBN-13: 978-4596632388
発売日: 2005/04

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

【LS-234】復讐の鐘が鳴るとき〜孤高の鷲1/ゲイル・ウィルソン




LS-234.jpg

復讐の鐘が鳴るとき―孤高の鷲〈1〉 (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>すみれ色の瞳で一世を風靡したトップモデルはもうここにはいない。タイラー・スチュワートは結婚式の朝、ホテルの屋根で鏡に映ったみずからのウエディングドレス姿に衝撃を受けた。かつて貧困にあえいだ彼女は故郷を捨て、頂点をきわめた。にもかかわらず、人に裏切られ、手元には何の財産も残っていない。そして今、身売り同然に嫁ごうとしている…。やっぱりこのまま結婚なんてできない!とっさに逃げだした彼女は、隠れようと飛び込んだホテルの一室で凍りついた。「ノックもなしとは。事情を説明してもらおうか」氷のように冷ややかな青い目の男がタイラーに拳銃を向けていた。

殺人を目撃してしまった花嫁タイラーが逃げ込んだのは、偶然にもCIAエージェントであるホークの部屋。偶然の出会いから助けたところ、そこから陰謀に巻き込まれ…。

「孤高の鷹」というCIAエージェントたちの物語は全4作で、これが第一作。ゲイル・ウィルソンという作家は初なのですが、RITA賞を2度受賞している実力派のようです。


★★★





新書: 228ページ
出版社: ハーレクイン (2005/03)
ISBN-10: 4596632340
ISBN-13: 978-4596632340
発売日: 2005/03

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

【LS-258】さまよえるプリンセス/ジョイス・サリヴァン




LS-258.jpg

さまよえるプリンセス (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
地味なわたしがエステール公国のプリンセスですって?亡き母の遺言に、ロリーは呆然とした。しかも隣国の皇太子との政略結婚まで決まっているという。さっそく、皇太子の秘書セバスチャンを筆頭に大勢の部下たちがロリーのお妃教育をするべく送り込まれてきた。優雅なドレスに洗練されたふるまい、フランス語のレッスン。意地の悪い教育係に嘲笑されながら、彼女は厳しい訓練に耐えた。ひとえにセバスチャンの笑顔を見たいがために。未来の花婿でなく、その秘書に恋してしまったなんて…。ロリーはせつなさに身を震わせた。


母の遺言により、父親は実はエルテール公国の王族で、突然王女となったうえに政略結婚を強いられるというジェットコースター以上に急激な人生に巻き込まれるヒロイン・ロリー。彼女を見守るため、身分を隠して結婚相手となるプリンス自身が彼女の世話をするというあたり、かなりありえない設定。でも、次々と襲いかかる疑惑や陰謀にほんろうされ、つっこむ暇もありません。ヒロインと同じように、読者自身も巻き込まれまくる作品のスピード感を楽しんでしまいましょう!

麻生歩によりコミック化されています。

★★★★






新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/09)
ISBN-10: 4596632588
ISBN-13: 978-4596632586
発売日: 2005/09

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

【LS-189】仮面舞踏会の謎/B・J・ダニエルズ




LS-189.jpg

仮面舞踏会の謎 (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>
仮面舞踏会に出席したジルは、仮面をつけたフィアンセを追って湖畔のコテージに駆け込んだ。なかに入るなり、無言で強く抱きすくめられ、気の遠くなるような熱い口づけを受ける。最近冷たかった彼の愛情を確認できたように思えて、ジルは胸を高鳴らせ、暗闇を利用して奔放に愛を交わした。その後ひとり自宅に戻ると、保安官代理が待ち受けていた。驚いたことに、先ほどフィアンセが他殺体で発見されたと告げ、さらにジルを疑ってアリバイまで要求してくる。それなら、わたしが愛を交わした人物はいったい誰なの―。


婚約者が殺され、その容疑者となったヒロイン。婚約者と思ってセックスした相手は別人?
・・・ってこのあたりまではハーレクインロマンスなのですが、ここから先は2時間サスペンス劇場。
しかし、残念なことにそのサスペンス具合もハマれるほどではなく、登場人物の怪しさもわかりやす過ぎるので、苦労して読み終えたという感想しか残らず…。





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2004/04)
ISBN-10: 4596631891
ISBN-13: 978-4596631893
発売日: 2004/04

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

【LS-338】この海に眠れ/マリーン・ラブレース




LS-338.jpg

この海に眠れ (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
カリフォルニア州、カタリナ島、アバロン・カジノ。トレーシーは島の名所となっている昔のカジノに、なぜこんなにも強く引きつけられるのか、わからなかった。さらに奇妙なことに、島を訪れてからずっと同じ歌声が聞こえてくる。それもほかの観光客に聞こえている様子はなく、彼女だけに…。アンドルーは人々にまぎれてトレーシーを追っていた。彼女は〈オメガ〉本部で聞いたような、国を裏切る悪人には見えない。むしろ魅力的な容姿に、アンドルーは任務を忘れそうになっていた。だが上階のダンスホールまで来たとき、そんな気分は吹き飛んだ。トレーシーが不意にみんなから離れ、バルコニーへと駆けていく。このままでは下の海に落ちてしまう!彼はあわてて後を追った。


ある船の名前を検索したトレーシーを追ってその理由を探る捜査員のアンドルー。しかし、トレーシーが探していたのは、40年以上も前の同名の船だった。
サスペンスかと思いきや、ちょっとホラーテイストもありと盛りだくさんなのですが、いまいち盛り上がりに欠けて残念。

★★



新書: 219ページ
出版社: ハーレクイン (2007/09)
ISBN-10: 459663338X
ISBN-13: 978-4596633385
発売日: 2007/09

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

【LS-15・LV0092】熱い闇/リンダ・ハワード




MIRA_rindahaward_atsuiyami.jpg

熱い闇 (MIRA文庫)


<あらすじ>
ジョーは米空軍に籍を置く優秀なパイロットだ。戦闘機開発プロジェクトの責任者でもある。先ごろ、メンバーのひとりが病に倒れ、その代わりにキャロラインがチームに加わった。男にひけをとらないキャリアを持ち、美人でもある。しかし、同僚の間では、彼女の評判はすこぶる悪い。確かに彼女の態度の横柄さは普通じゃないが…。だがそれは男たちへの過剰な警戒心の裏返しでは?ジョーはおおいに興味を引かれ、提案した。「ぼくとつきあっているふりをしないか。そうすれば、基地の男たちにわずらわされることもなくなるはずだ。ここでは、ぼくに文句を言えるやつはだれもいない」。


マッケンジー家の子供たちが結婚するまでをサスペンスやアクションでの筆力では定評のあるリンダ・ハワードが描いたシリーズの(たぶん)第二作。
今回の主人公は、長兄のジョー。彼はほかの兄弟とは母が違い、かなり年が離れています。そのため、続編では子だくさんになった姿が描かれるなど、その後も追えるのが楽しいですね。

本作で恋に落ちる相手は、レーザー研究者のキャロライン。飛び級をしたため、頭は天才的にいいものの、男性に対処する経験値はめっぽう低い。そのため男性をうまくあしらうことができず、反感を買ってしまってばかり。男性社会の空軍で仕事をするにあたり、カムフラージュとして上官のジョーと付き合うふりをするはずが、いつのまにか熱い恋のてほどきを受けることに! 
…謎の展開ながらも、面白いのでよしとします。

★★★★

古い作品ですが、作家別、MIRA文庫などで何度も復刊されています。





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (1997/05)
ISBN-10: 4833548143
ISBN-13: 978-4833548144
発売日: 1997/05

何かのお役に立ったならば、応援クリックをぜひ!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

【LS-79/P-271】禁断の口づけ〜危険を愛する男たち6/スーザン・ブロックマン

LS-79.jpgP-271.jpg

禁断の口づけ―危険を愛する男たち〈6〉 (シルエット・ラブストリーム)
危険を愛する男たち〈3〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)

<あらすじ>
海軍特殊部隊でも極秘任務を担うグレー・グループに属する者は、たとえ任務が成功しても脚光を浴びることはなく、敵に捕らえられても政府の助けは期待できない。これまで、クラッシュ・ホーケンは多くの仕事をこなしてきた。張りつめた日々のなかでクラッシュが唯一くつろげるのは、十歳のときから母親がわりに育ててくれたデイジーの家だけだ。彼女は海軍大将ジェイクと二十年近く同棲を続けている。そのデイジーを不治の病が襲ったと聞き、クラッシュは動揺した。デイジーの秘書ネルは、初めて見る彼の姿を心に焼きつけた。その日、初対面のとき以来惹かれ合っていた二人は、情熱ではなく同情に駆られて、初めて互いを抱きしめた。だが、デイジーが永眠したあと、クラッシュは姿を消した。一年後、ネルはテレビに映った彼を信じられない思いで見つめた。海軍大将暗殺犯?まさか!クラッシュがジェイクを…。


スーザン・ブロックマンの「危険を愛する男たち」シリーズの第6作。

自分にとって大切な人が恩人を殺人? 彼のことを信じ続け、犯人捜しをしようとするヒロイン・ネル。一般人なのに激しく頑張るのは、すべて一度だけ慰めあった相手のため。母親代わりのデイジーとジェイクの愛の姿もせつないお話です。

★★★







<LS-79>
新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2000/01)
ISBN-10: 4596000271
ISBN-13: 978-4596000279
発売日: 2000/01


新書: 442ページ
出版社: ハーレクイン (2006/03)
ISBN-10: 4596752710
ISBN-13: 978-4596752710
発売日: 2006/03

人気ブログランキングへ





posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

【LS-77/P-271】誇り高き微笑〜危険を愛する男たち5/スーザン・ブロックマン


LS-77.jpg
P-271.jpg


誇り高き微笑 (シルエット・ラブストリーム―危険を愛する男たち (LS77))
危険を愛する男たち〈3〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)

<あらすじ>
半人前扱いするのは、もういいかげんにしてほしいわ。連邦情報委員会の諜報員P・Jは、海軍特殊部隊SEALの将校ハーヴァードにうんざりしていた。これまでも男社会で血のにじむような努力をして信頼を得てきたが、SEALとの合同対テロ訓練が始まって以来、彼はP・Jから片時も目を離そうとしない。まるで、か弱い女を守るのが男の務めだというように。しかも心を惑わすような微笑みを浮かべ、熱い視線を向けてくるのだ。いくら一流大学を首席で卒業した精悍な美男子でも、私の実力を認められない偏屈者なんてお断りよ。


スーザン・ブロックマンの「危険を愛する男たち」シリーズの第5作。
今回の主人公のハーヴァードは珍しく黒人男性。ハーヴァード大学卒業の秀才で、SEALという設定も面白いですね。
ストーリーはいまいちで残念・・・。

★★★








<LS-77>
新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (1999/12)
ISBN-10: 4833548763
ISBN-13: 978-4833548762
発売日: 1999/12


新書: 442ページ
出版社: ハーレクイン (2006/03)
ISBN-10: 4596752710
ISBN-13: 978-4596752710
発売日: 2006/03

人気ブログランキングへ



posted by YUKO at 00:56| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

【LS-147】夫という名の他人〜ラブ&ミッション6/カーラ・キャシディ





LS-147.jpg

夫という名の他人 (シルエット・ラブストリーム―ラブ&ミッション (LS147))

<あらすじ>
彼が私に求めているのは、調査員としての能力だけ。
ある日、仕事を終えて帰宅したメガンは目を疑った。二年前に別れた夫のセスが玄関の前にいたのだ。いまさら何の用なの?家を出てからというもの、一度も姿を現したことはなかったのに。身構えながらもメガンの心には、かすかな希望の火がともった。彼はやり直したいと言いにここへ来たのかもしれない。二人で過ごした数々の夜がよみがえり、メガンの体は熱くなった。だがセスは暗い目をして言った。「僕が必要な専門技術を持っているのは君だけだ。協力してくれないか」


別れた夫からの捜査協力を受けて、しばらく一緒に住むことになった2人。SPEARという組織に属しているもの同士の結婚だったのが、それぞれのトラウマを告白できないまま意見の相違で離婚。妊娠がその後発覚するも、ヒロインのメガンは元夫のセスに対して関わりを拒否してきました。さて、再会して、やけぼっくいに火がつき・・・という展開。

このストーリー、謎なんですが事件解決はあっさりで、ほぼ二人芝居状態なんですよね。ラブ・ストリームっていうと、アクションとか能力者とかなんか激しいサスペンス的な展開が基本のラインだと思っていたので、最後まで読んで「あれれ・・・」とがっかり。
SPEARのシリーズは面白いのでしょうか? 別の作品に期待しつつ・・・。

★★






新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2002/11)
ISBN-10: 4596631476
ISBN-13: 978-4596631473
発売日: 2002/11

ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

【LS-337】華やかな孤独〜狼たちの休息 愛はここから/ビバリー・バートン

LS-337.jpg

華やかな孤独―狼たちの休息 愛はここから (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
あの人は誰かしら?父の婚約パーティーにやってきた男性から、アディは目が離せなくなった。パーティー会場の女性の注目を一身に集める、魅惑のプレイボーイ。口説き上手なラテン系の恋人。いろいろな言葉がアディの頭をよぎった。父の再婚相手のダイナについて噂には聞いているけれど、五度も結婚を繰り返してきたダイナと、彼は何か関係でもあるの?やがて、アディは知ることになった。その男性ニック・ロメロが彼女を守るボディーガードになることを。そしてニックがダイナの義理の弟で、かつて恋人同士だったことを。


ビバリー・バートンの「狼たちの休息」の別シリーズ? 「愛はここから」というサブタイトルがつき、シリーズの通し番号はついていません。

登場人物のニック・ロメロがダンディー・エージェンシーとは関係があるものの、怪我で引退した人物だという以外は、ストーリーラインや展開はいつものシリーズのテイストになっています。
面白いのが、彼の過去のトラウマの一つがヒロインの父親の婚約者で、目の前でドロドロ劇が繰り広げられるところ。そこに命の危険な騒ぎまで入ってくるのだから、面白くないわけがありません。

★★★★



新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2007/09)
ISBN-10: 4596633371
ISBN-13: 978-4596633378
発売日: 2007/09

ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!



posted by YUKO at 11:44| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

【LS-201】ドクターに恋したら/マリー・フェラレーラ

LS-201.jpg

ドクターに恋したら―救命病棟は眠らない〈2〉 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
本当のわたしを知ってほしい…。けがでブレア・メモリアル病院に入院したロンドンはある男性に恋いこがれていた。大使令嬢として追従や欺瞞に満ちた世界で生きてきた彼女に、初めて本音で接してくれた人物、それが担当医のリースだった。わがままなお嬢さまとしか思われていないのは知っているけれど、なんとかして彼の心をつかみたい。だが、ロンドンは重要なことを忘れていた。自分が悪魔につけねらわれており、近づく人間はみな攻撃されてしまうことを。今まさに、悪魔はリースに狙いを定めようとしていた。


マリー・フェラレーラが描く救命病棟を舞台にした4部作の第2作です。

⇒1作目【LS-197】誇り高きドクター〜救命病棟は眠らない1/マリー・フェラレーラを読む

令嬢で目の覚めるような美人のロンドンの担当医になったリースは、彼女と恋におちます。生活のすべてを医療に捧げていた彼の変貌ぶりと、ロンドンの命を守るために過保護なまでな男になる姿は素敵ですね。サスペンスとしてはいまいちですが、騎士道精神的な展開にどっぷりハマって読みましょう。

★★★




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2004/07)
ISBN-10: 4596632014
ISBN-13: 978-4596632012
発売日: 2004/07

ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


posted by YUKO at 22:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

【LS-301】美しきターゲット/フィオナ・ブランド

LS-301.jpg

美しきターゲット (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
物心ついたころから、ロマはつねに周囲の注目の的だった。美貌だけでなく、ロンバード家の令嬢だということが、人々の好奇と羨望の目を引きつけたのだ。だが、長兄のジェイクとその婚約者が何者かに殺害され、ロマ自身も命を狙われる事態に陥り、状況は一変した。つねに警護され、大好きな保育士の仕事すら辞めざるをえない現実。平凡な人生を望むことも許されない運命を彼女は呪った。妹を案じた兄たちは、“完璧なボディガード”を連れてきた。鋼のような体と印象的な片頬の傷跡。ロマはショックで凍りついた。ベン・マッケイブ!彼だけはだめ。あまりにも危険すぎるわ。


ボディーガードとの危険な恋。ヒーローのベンは兄の友人なのですが、彼らにまつわるストーリーは別シリーズがあるのでしょうか?特にシリーズ名がついていないのですが、裏表紙に書いてあったので調べてみました。

【LS-215】真夜中のレクイエム がロマの兄グレイ、【LS-219】さまよえる相続人も関連作のようです。ハーレクインってこういう風に登場人物がつながっていく場合でもシリーズ名がついていないことが多々あるので、わかりにくいですよね。シリーズ名自体、日本でつけたものもあるようなので、その点は親切かも・・・。300冊ぐらい読んだでしょうか、なんとなくわかってきました。

兄を殺された復讐を果たした兄弟の末の妹ロマは、トラウマを抱えつつ懸命に生きています。しかし兄の命を奪った男はロマを執拗に狙い続けます。そこで雇われたのが、ヒーローのベン。
ロマンスだけでなく、兄とベンの戦場で培った友情など、物語として読み応えのある作品です。

篠崎佳久子によりコミック化もされています。

★★★★




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2006/09)
ISBN-10: 4596633010
ISBN-13: 978-4596633019
発売日: 2006/09
人気ブログランキングへ



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

【LS-270】月明かりで愛して/ビバリー・バートン

LS-270.jpg

月明かりで愛して (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
火災で家族を失い、自らも背中にひどい火傷を負ったエミリーは長い入院生活を終え、普通の暮らしを始めたばかりだ。周囲の人は、よき伴侶を見つけて人生をやり直すよう言うけれど、醜くなった私を誰が愛するというのだろう。絶望する彼女の前に、謎めいた男性ミッチェルが現れる。会うたびに凍りついていた心が溶けていく気がするものの、彼女はどうしても“愛して”のひと言が言えなかった。もし、彼が私の背中を見たら…。苦悩するエミリーは知るよしもなかった。生涯癒えぬその傷に、ミッチェルが深くかかわっていることを。


ビバリー・バートンの全米読者選賞受賞作。
さすが!と言いたくなるせつなさっぷりとサスペンスがたっぷり詰め込まれた作品です。

騙されていたとはいえ、自分の経営していた会社が起こした事故で夫とおなかの子供を失い、自身も背中に肉がえぐれるほどの火傷を負ったエミリーへの贖罪の意識を持つミッチェル。5年もの間、ホームレスとして暮らしていた彼は、友人の助けにより街に戻ってきます。あまりに様変わりした彼に気づく人はいないけれども、彼の名前はその悲惨な事件とともに知れ渡っています。危険を冒しながらも、エミリーのそばにいて彼女を守りたいと思うミッチェル。隣のコテージを借りた彼は、エミリーと出会った瞬間、恋に落ちてしまいます。
一方、エミリーも夫を失って以来夫の伯父の元で暮らしていた籠の鳥生活から飛び出し、自立しようとしていました。

いってしまえば、加害者と被害者の間の愛。あまりに悲惨な事件のため、そこを乗り越えるために交わされる言葉の数々は非常に生々しいです。それがゆえに、乗り越える姿が美しいですね。
ぜひ一読ください。


★★★★★


新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/12)
ISBN-10: 4596632707
ISBN-13: 978-4596632708
発売日: 2005/12
人気ブログランキングへ



posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

【LS-256】愛すれど君は遠く/シャロン・サラ

LS-256.jpg
愛すれど君は遠く (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
サラは生死の境をさまよっていた。数時間前まで、彼女は雪に覆われた厳寒のカイアミシ山を猛スピードのバイクで飛ばしていた。山中深くに暮らすマッケンジー・ホークに会うために。行方不明になった兄を救えるのは、彼しかいない。コーヒーの香りに誘われ、サラはぼんやりと意識を取り戻した。頭はずきずきと痛み、体が思うように動かない。まぶたを開けると、燃えさかる暖炉の前に男性の姿が見えた。ああ、なんて美しいのかしら。あなたは私の守護天使なの?だが翡翠色の目をした彼は、ただ黙ってサラを見つめていた。


命を狙われる女性をかくまっているうちに、恋に落ちるというパターン。わりと早い段階で2人の心がしっかりとつながるため、そこからの展開も描かれるため、どっぷりとロマンチックな雰囲気に浸れます。

ヒーローがモデルであるヒロインがパパラッチに受けた質問に対して「いや、ぼくは新しい恋人なんかじゃない。唯一の恋人だ」
と応えるシーンなんて、いわれたらとろけちゃいますよね。

★★★★



新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/09)
ISBN-10: 4596632561
ISBN-13: 978-4596632562
発売日: 2005/09
人気ブログランキングへ


posted by YUKO at 13:43| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

【LS-332】闇夜に口づけを/スーザン・ブロックマン

LS-332.jpg

闇夜に口づけを (シルエット・ラブストリーム)


<あらすじ>
ジェスは抜群のスタイルと美貌の持ち主。暴力的な夫から逃れ、やっと幼い娘との平和な暮らしを取り戻した。半年前、この町へ越してきた隣人、ロブ・カーペンターはハンサムで穏やかで、娘のケルシーもなついている。彼と三人、家族になれたらどんなに素敵かしら…。だがちょうど半年前から、町では残虐な連続殺人事件が発生し、奇妙にも、ジェスに似た美女たちが次々と惨殺されていく。“ジェスに恋い焦がれる、幼児期に虐待を受けた男”FBIが分析した犯人像に、ジェスは戦慄を隠せない。ある嵐の晩、ジェスはロブの部屋で喉元にナイフを突きつけられる。

隣人のコンピューター・プログラマーのロブにはどうやら秘密がある。どこか影のある彼に惹かれていくケルシー。一方、ロブの方も彼女に惹かれていたが、自分に関わる女性は不幸になると、彼女への好意を隠し、強く自制していた。そして、次々と街で起きる殺人事件。狙われるのは、どこかケルシーに似ている女性ばかり。そして、彼女の周りには、どこか怪しい男が集まってきて・・・。

サスペンスなんですが、どこか締まりがなくて残念。怪しい男の数が多すぎるから?
ロブのことを信じるケルシーの信じ方も、好きだからってことに基づいているから、もうちょっと理由が欲しかった。まぁ、ハーレクインだから、すべてが熱い愛情があればOKなんでしょうが。

佐伯かよのによりコミック化もされています。

★★★





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2007/07)
ISBN-10: 4596633320
ISBN-13: 978-4596633323
発売日: 2007/07
人気ブログランキングへ



posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

【LS-218】ニューヨークから来た天使/ヘザー・グレアム

LS-218.jpgニューヨークから来た天使 (シルエット・ラブストリーム) <あらすじ> 空と大地がめぐりあう場所は、愛と欲望がせめぎあう場所でもあった。モデルのアシュリーはジュエリーのCM撮影のためエヴァグレーズ湿原を訪れた。だが嵐に見舞われて、ひとり湿原に迷い込んだ彼女は、人影を求めてさすらううち、おぞましい殺人を目撃する。殺人者に見つかったら殺されるわ!ビキニ姿であてどもなく逃げまどうものの、ついに力尽きて倒れこんでしまった。ほどなくして人の足音を聞いたアシュリーは体をつかむ力強い腕の持ち主の前にひざまずいて哀願した。「お願い、わたしを傷つけないで」。 殺人を目撃したため逃げ出したアシュリーが助けられたのは作家のエリック・ホーク。先住民民族である彼はアシュリーのブロンドで白人である姿から自分との差異を感じています。そして、彼は妻と兄を殺された過去から、隠遁生活を送っていた彼の心は閉ざされたまま。 まずは肉体関係から・・・となって、その心の扉が開かれる様が、殺人事件の解明とともに描かれていきます。 ★★★ 新書: 220ページ 出版社: ハーレクイン (2004/11) ISBN-10: 4596632189 ISBN-13: 978-4596632180 発売日: 2004/11 人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 23:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

【LS-206】過去からの刺客/デブラ・ウェッブ

LS-206.jpg

過去からの刺客―コルビー捜査ファイル〈2〉 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
尾行されている。なんて不注意だったのかしら。ローラは自らを呪った。やっとの思いでこの二年逃げのびてきたのに。つかまれば、かならず殺される。まだ幼い息子のことを思うと、心臓が引き絞られ、涙があふれた。生きて戻りたい。息子の笑顔をもう一度見たい。だめよ、闘う前からあきらめては。そのとき、庁舎の東入口に群がる人々がローラの目を引いた。今日は投票日だ。助かったわ。彼女は雑踏に紛れて庁舎に入り、地下の化粧室に飛びこんだ。数分後、聞き覚えのある刺客の怒声が響きわたった。「動くな」。


自分の恋人である探偵から逃げるヒロイン。久々の再会のはずが、彼女は戻れば自分の兄に殺されると訴えます。彼は雇われた身として役目を果たそうとするなかで、彼女の言葉が真実だとわかってきます。
一方で、自分のことを最初から信じてくれなかった彼を、彼女は信じることができなくなります。
そんな2人の間には、実は子供もいて・・・と、いろいろ面倒な展開に。


★★★



新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2004/08)
ISBN-10: 4596632065
ISBN-13: 978-4596632067
発売日: 2004/08
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 11:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

【LS-202】誘う追跡者〜コルビー捜査ファイル1/デブラ・ウェッブ

LS-202.jpg

誘う追跡者―コルビー捜査ファイル〈1〉 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
探偵事務所で調査員をつとめるキャサリンは謎の失踪をとげた政府機関の契約捜査官、ジャック・レインを追って車を走らせていた。この初仕事を失敗するわけにはいかない。絶対に成功させて、自分の能力を証明してみせるわ。そうすれば、兄のように優秀な警官になれなかったわたしを、父も認めてくれるに違いない。調査の末に突きとめたレインの潜伏先まで、あと少しだ。そのときふいに車の前に何かが現れ、彼女は急ブレーキを踏んだ。そして、すべてが闇に包まれた。


コルビー捜査ファイルシリーズの第一作。
夫を亡くして、その事務所を引き継いだ女性が経営するところに持ち込まれる事件と、そこに所属するメンバーのお話です。
ビバリー・バートンのダンディーエージェンシーがわりとCIAやSEAL出身の猛者揃いなのに対して、こちらは普通の刑事出身だったりと力技は少ない展開です。

ヒロイン・キャサリンはジャック・レインという捜査官を追って、彼の行方を追います。いざ彼を発見!というところで、事故に遭い、記憶喪失になったところを逆に彼に助けられます。
一方、ジャックを追う組織から逃れるため、共に逃げることになるのですが、それが非常に過酷なルート。実は心臓に疾患を持つキャサリンですが、記憶を失っているためそのことさえも分かりません。信じられるのは彼だけ。しかし、それさえもあいまいなまま。時折めぐりくる記憶のかけらは、彼にまつわるキーワードがあるのですが・・・。

逃避行モノがお好きな方にはお勧めの1作。

★★★★





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2004/07)
ISBN-10: 4596632022
ISBN-13: 978-4596632029
発売日: 2004/07
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 23:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

【LS-246】消えた愛人/B・J・ダニエルズ

LS-246.jpg

消えた愛人 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
ボディチェックをする彼の指先に彼女は恋の予感を抱いた。このままでは犯人が逃げてしまう!カレンは殺人犯とおぼしき怪しげな男を追ってホテルを飛び出し、愛車を駆って尾行を開始した。だがその途中、スピード違反で捕まってしまう。「自分が何をしたかわかっているの?」憤りのあまり、カレンは相手の刑事をにらみつけた。ジャックと名乗るその長身の刑事は、事情を説明しても信じず、反抗的なカレンを警戒してボディチェックをおこなう始末だ。恥ずかしさに耐えかね、赤面するカレンに、彼は氷のように冷たい表情を保ったまま言った。「動くな」。


高校の同級生と偶然であったヒロインが、その殺人事件に巻き込まれる物語です。
サスペンスなのですが、なんだかこんがらがりすぎちゃって、ハマりきれず終了・・・。
ヒロインの記憶力が異常にいい、でいろんなことが解決されすぎです。

こんな感想ですみません。

★★★




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/06)
ISBN-10: 4596632464
ISBN-13: 978-4596632463
発売日: 2005/06
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 11:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

【LS-197】誇り高きドクター〜救命病棟は眠らない1/マリー・フェラレーラ

LS-197.jpg
誇り高きドクター―救命病棟は眠らない〈1〉 (シルエット・ラブストリーム)

<あらすじ>
「もう一度言わせるな、外へ出ていけ」立ちはだかる白衣の独裁者の不遜な口調にFBI捜査官のリディアは唖然とした。重傷を負ったテロリストを見張るため病院に来たところ、いきなり担当ドクターにどなられたのだ。人殺しの命を救おうとするなんて、どういう神経をしているの?たとえ天才心臓外科医ルーカス・グレイウルフでも許せない!ところが病室から出てきたルーカスは、怒りも冷めやらぬリディアに再び命じた。「上着を脱ぐんだ」なんですって?彼は何を考えているの。

ヒロインの方がFBI特別捜査官、ヒーローが医者というパターンは珍しいのではないでしょうか。
ヒロイン・リディアが撃った弾で怪我をした犯人を治療するドクター・ルーカスとのやりとりは、険悪なものからいつしか愛へと発展していきます。

ラブ・ストリームはサスペンスやアクションの要素が強いシリーズのため、銃撃戦あり、立てこもりありと盛り沢山の内容になっています。
「救急病棟は眠れない」というシリーズ名で、このブレア・メモリアル病院を舞台にした4部作続くそうです。


★★★




新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2004/06)
ISBN-10: 4596631972
ISBN-13: 978-4596631978
発売日: 2004/06
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 11:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

【LS-224】聖女と堕天使〜狼たちの休息6/ビバリー・バートン

LS-224.jpgP-343.jpg
聖女と堕天使―狼たちの休息〈6〉 (シルエット・ラブストリーム)
狼たちの休息〈3〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)

<あらすじ>
内戦が続く島に残された幼い甥の救出に同行してほしい。警備会社ダンディー・エージェンシーに依頼したローリーは派遣されてきたボディガード、ホークの容姿に目をみはった。なめらかな肌に鋭い瞳。漆黒の髪にたくましい肉体。気品と官能を漂わせる風貌はさながら森の王者ジャガーのようだ。だが男性になじみのないローリーのとまどいを知ってか知らずか、ホークは強硬に言いつのった。若い女性を危険な戦地に連れていく気はないこと。それでも同行するなら、彼の望むものはすべて与えること。彼の望むもの…まさか!なんて失礼な人なの!気がつくと、ローリーは彼に平手打ちを浴びせていた。

狼たちの休息シリーズの第6作。

今回のヒロインは、勇ましくも甥を救うために内戦が続く島にみずから行くことを望みます。ヒーローは一旦は拒否するのですが、トレーニングに耐えられたらという条件で彼女と取引をするのですが、これがなかなか過酷。それを耐え抜く精神力に惹かれ、自分のポリシーを破ってヒロインを動向させることにします。

(まぁ、動向しなかったら物語は始まらないわけですがね)

ビバリー・バートンの作品に登場する女性は気が強い人が多いのですが、この作品の人はなんといいましょうが、自己主張激しすぎです。助けてもらうのにねぇ・・・と思いながら読んでいました。

社長のデイン・カーマイケル、一線からは退いたものの孤島から経営者として関わるサム・ダンディー(【LS-188】天使と野獣〜狼たちの休息2/ビバリー・バートンの主役)が登場。
後にエージェントとして登場し、主役にもなるアロイシアス・マードックのCIA勤務時代も読めますよ。

ハーレクイン・プレゼンツにて、「狼たちの休息〈3〉」として2009年3月に復刊されています。

★★★





新書: 220ページ
出版社: ハーレクイン (2005/01)
ISBN-10: 4596632243
ISBN-13: 978-4596632241
発売日: 2005/01
人気ブログランキングへ
posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | シルエット・ラブストリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。