2012年03月13日

【D-1467】孤高の不良公爵/ハイディ・ライス




D-1467.jpg

孤高の不良公爵 (ハーレクイン・ディザイア)

<あらすじ>
幻ではない。目の前にいるのは、本当にジオだ。酔っぱらいに襲われたイシーを助けてくれたのは、あの、ジョヴァンニ・ハミルトンだった。子供の頃、イシーの母が家政婦をしていた公爵家の息子。複雑な家庭環境のせいで心を閉ざした少年の、不良っぽく大人びた雰囲気はイシーを夢中にさせたが、彼女が十七歳だったあの夜、幼い恋心は粉々に打ち砕かされた。二度と会いたくないと思っていたジオ。なぜここにいるの?戸惑う彼女を、彼は十年前よりさらにセクシーになった瞳で見つめた。「大人になったな、イシー。そろそろ仲直りしないか?」そう言うと、彼は口もきけずに立ちすくむイシーの唇をふさいだ。


初めての相手から袖にされ、傷ついた心を抱えていたイシ―。彼と再会し、借金の肩代わりの代わりに肉体関係を持つことを強いられるのですが、つらい心を抱えながらも向き合ううちに彼の真の姿が見えてきます。

★★★




単行本: 158ページ
出版社: ハーレクイン (2011/7/29)
ISBN-10: 4596514674
ISBN-13: 978-4596514677
発売日: 2011/7/29
読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2012年03月12日

【I-1821】キスは森のなかで/サンドラ・フィールド




I-1821.jpg

キスは森のなかで (ハーレクイン・イマージュ)

<あらすじ>
カリンは木陰に身を潜め、大邸宅の様子をうかがった。海を渡ってイギリスの田園地帯にやってきたのは、ただ一人の肉親にどうしても会いたかったからだ。生き別れになった双子のきょうだい、フィオーナに。けれど立派な邸宅に気後れして、ドアをたたく勇気が出ない。そのとき鬱蒼とした森から、ひとりの男性が歩いてきた。たくましい体、気品あふれる顔立ち。いったい誰かしら?そのとき彼がカリンに気づいて足を止めた。「フィオーナじゃないか。何をしているんだい?」やさしい声…そう思った瞬間、唇を奪われた。


双子の妹を探しにいったところで、その妹に間違われてキスをされたカリン。誤解が溶けても、自分の過去の結婚のトラウマが彼女の心に暗い影を落としています。

もうちょっと楽しい話だとよかったのにな、という作品。全体的に暗いんです・・・。

★★★



新書: 164ページ
出版社: ハーレクイン (2006/04)
ISBN-10: 4596218218
ISBN-13: 978-4596218216
発売日: 2006/04

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | ハーレクイン・イマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【R-2297】フィジーの妖精/アン・マカリスター




R-2297.jpg

フィジーの妖精 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
スペンスが営業を受け持ち、セイディは事務能力を発揮して、彼らは二人三脚で世界を股にかけた不動産開発に精を出している。そんなふたりに思いがけない難問が降りかかった。新たに投資するリゾートのオーナーが家族第一主義で、妻同伴でリゾートの視察に来てほしいというのだ。急いで偽装結婚をしようとしたスペンスは意外な事実を知った。実は四年前、失恋の反動からラスヴェガスでセイディと結婚し、翌日離婚を申請したのに、それが成立していなかったのだ。むしろ好都合じゃないか。セイディを妻として連れていけばいい。軽く考えたスペンスは、手ひどいしっぺ返しを受けることに…。


ひょんな勢いで結婚してしまい、それを解消できていなかったことが彼の新しい結婚前に発覚。そこから便宜上の結婚を仕事のために続けるはずが、熱い関係に・・・。

★★★





新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2008/06)
ISBN-10: 4596122970
ISBN-13: 978-4596122971
発売日: 2008/06

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

【L-1187】不慣れな誘惑/マーナ・マッケンジー




L-1187.jpg

不慣れな誘惑 (シルエット・ロマンス)


<あらすじ>
誕生日、ヴィクトリアは子どもを産む決心をした。結婚は望まないけれど、赤ちゃんはどうしても欲しい。でも、どうやって?男性を惹きつける魅力もないのに、年齢的にはタイムリミットが近づくばかり。知性も思いやりもあって、健康で、しかも魅力的な人…そんな理想の父親になってくれそうな男性は一人しか知らない。ケイレブ・フレモント―彼の協力を求めるため、ヴィクトリアは思いきった手段に訴えることにした。どんなことをしても彼を誘惑して、その気にさせよう。たとえ着慣れないセクシーな赤いドレスに身を包んででも。


子供が欲しいがために結婚。ハーレクインにはいくつか恋に落ちる要因がありますが、女性側の理由としてよく出てくるのがこれです。

★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2006/08)
ISBN-10: 4596411875
ISBN-13: 978-4596411877
発売日: 2006/08

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | シルエット・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【R-2626】永遠を誓うギリシア〜愛する人の記憶/リン・グレアム




R-2626.jpg

永遠を誓うギリシア―ボスのプロポーズ (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
ビリーは八歳のとき、地中海に浮かぶ島に母と移り住んだ。よそ者であるうえに、母の奔放な行状のせいでつまはじきにされていた彼女を、一人の少年が救ってくれた。それがアレクセイ・ドラコス―ビリーの現在のボスだ。今や彼の個人秘書として、恋の後始末までも引き受けている。彼に焦がれながらも相手にされないつらさに耐えていたビリーは、あるとき母の愛人から乱暴されそうになり、思わずアレクセイの所有する大型ヨットに逃げこんだ。翌日、突然熱いキスで誘惑してきた彼にビリーは言った。「あなたが征服した女性の一人になるのは、いや!」。


ありえないぐらい部分的な記憶喪失で、関係を持ったことを忘れられ、それなのにその相手と結婚。そんなもんだから初夜に処女じゃないといわれて・・・となんか飛んでもない設定。まあ、ハーレクインですから・・・

★★★



単行本: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2011/05)
ISBN-10: 4596126143
ISBN-13: 978-4596126146
発売日: 2011/05

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

posted by YUKO at 02:35| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。