2012年01月16日

【R-1466/C-593】君がターゲット/ヘレン・ビアンチン




C-593.jpg

君がターゲット (ハーレクイン・クラシックス)

<あらすじ>
三年前、まだ駆け出しのモデルだったフランチェスカは、第一線で活躍するレーシング・ドライバーのマリオと出会い、三週間後に結婚した。互いに一目惚れだった。フランチェスカは幸せの絶頂にいた。だが、それも長くは続かなかった。たった数ヵ月後、レース中の事故でマリオは帰らぬ人となったのだ。絶望の淵に漂うフランチェスカを支えてくれたのはモデルの仕事だった。国際的なモデルとして成長した彼女は、今や世界を飛びまわっていた。でも、やっぱり故郷のシドニーが一番心がやすらぐ。帰郷した彼女を待っていたのは、ドミニクとの電撃的な出会いだった。彼女の行く先々に現れるドミニク。恋の予感に心が騒ぐ。愛は私のところに二度も訪れてくれるのかしら。


レーサーの恋人をレース中の事故で失い、3年間心を閉ざしてきたフランチェスカ。そんな彼女の心を溶かすのは、画家のドミニク。彼女の行く場所に現れるのはちょっとストーカーちっくだけれども、その愛の直球さはうっとりもの。

★★★★




<C-593>
新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2005/02)
ISBN-10: 459673593X
ISBN-13: 978-4596735935
発売日: 2005/02

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【HTP-4】真夜中すぎのシンデレラ/クリスティン・リマー




HTP-4.jpg

真夜中すぎのシンデレラ (ハーレクイン・スポットライト・プラス)


<あらすじ>
なぜ、こんなことになってしまったの?デザイン会社を立ち上げて三年、やっと軌道に乗ったところなのに。メガンは夜遅くまで眠れないまま、グレッグのことを考えていた。彼は大手デパートのCEOで、今日、会社の新たなイメージ戦略を提案したばかり。隣人で、友人でもあるカーリーが、親切にも、別れた夫のグレッグに連絡して、会う機会を作ってくれたのだ。面接は思いのほかうまく運んだ。そう、うまくいきすぎるほどに。そして私は、彼と恋に落ちた。救いようがないくらい。でも、彼はカーリーの元夫。カーリーはまだグレッグが忘れられず、ホームパーティで泣きくずれる彼女を、慰めたばかりだったのに。恋にひたむきに生きようとするメガンの姿が感動を誘う、心にしみる恋愛ドラマ。


友人の離婚した夫との恋。ハーレクインでもこういうちょっとドロドロしたのあるんですね。

★★★



新書: 219ページ
出版社: ハーレクイン (2008/01)
ISBN-10: 4596336040
ISBN-13: 978-4596336040
発売日: 2008/01

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2012年01月15日

【R-2648】妻に望まれた理由/ケイト・ウォーカー




R-2648.jpg

妻に望まれた理由 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
ギリシアで海運業を手がける夫のザレクが失踪して二年、ペニーは野心的な義母や義弟から経営権を譲るよう迫られていた。夫は船の試乗中に、海賊に頭を撃たれて海に沈んだと言われている。じつのところ、ペニーは夫を愛していたが、彼は妻を愛してはいなかった。結婚は後継ぎを作るためだと、彼の口からはっきりと聞かされたのだ。それでも、このままザレクの死を認めるのはあまりにつらく、ペニーはだれに明け渡すことなく夫の会社を守ってきた。だけど、もう潮時ね…。とうとう心を決めた彼女は経営陣を招集する。そして義弟に会社を譲ると宣言したそのとき、会議室の扉が開いた―見るとそこには、冷徹な瞳でペニーを見据えるザレクの姿があった。


2年間行方不明だった夫が帰ってきた。それも、死亡宣告手続きのさなかに。
ドラマチックな展開なのですが、どこかいまいち面白くない。。。残念。

★★★



単行本: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2011/8/18)
ISBN-10: 4596126488
ISBN-13: 978-4596126481
発売日: 2011/8/18
読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 20:15| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

【I-2145】秘書の失恋日記/ジェシカ・ハート




I-2145.jpg

秘書の失恋日記 (ハーレクイン・イマージュ)


<あらすじ>
今日は新しい上司に初めて会う日―。私は入念に身支度を整え、八時半からオフィスに来ていた。新しい上司はフィン・ギブソン。大手デパートの経営者の弟なのに、会社には興味を示さず、テレビ番組でアフリカやアマゾンの奥地へ冒険旅行をし、すぐれたサバイバル術を披露して人気の男性…。そんな一族のはみ出し者が、もうすぐここにやってくる。でもフィンはゆくゆくは大株主となる役員会のメンバーだから、私は最高幹部の下で働くことになる。これは大きなチャンスなのよ。そして、ついに彼が現れた!笑みを浮かべてこっちを見ている。「もしかして君が僕の個人秘書かな?」私は彼がそこにいるだけで圧倒され、息をするのさえ忘れていた。


好きだった同僚を忘れられず、うじうじしているヒロイン。仕事上で連絡するきっかけができたら、どんなメールを送るかを悩んだり、ハーレクインには珍しくリアル感がある悩みを披露しています。そこに現れたのが、人気スターの上司。オフィスにはそぐわない彼の提案で、彼女が彼の新しい恋人のふりをして、ヤキモチを焼かせようという作戦を実行するのですが・・・

とてもキュートなお話です。「ソファーにクッションを2個いつのまにか置かれたら、それは結婚してくれという女からのサイン」みたいな話がでてきたりと、結婚恐怖症的な彼が心を入れ替えるのがまた面白いです。

佐柄きょうこによりコミック化されています。

★★★★




新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2009/07)
ISBN-10: 4596737983
ISBN-13: 978-4596737984
発売日: 2009/07

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | ハーレクイン・イマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【R-489/C-798】苦いアンコール/ヘレン・ビアンチン




C-798.jpg

苦いアンコール (ハーレクイン・クラシックス)

<あらすじ>
レーチェルはルームメイトのミリーとともに、一週間の予定でオーストラリアのリゾート地での休暇を楽しんでいた。ある晩、彼女はミリーに誘われるままショーを見に行った。それがラズ・ディラニーのショーとも知らずに。開演と同時に胸に鋭い痛みが走り、過去がよみがえる―六年前、彼女は人気の絶頂にあったラズと電撃的に結婚したもののスーパースターの妻としての生活に耐えきれず、一年後には彼のもとを出て、これまで身を隠していた。それなのにこんなところで出会うなんて…。思わず目を閉じたレーチェルの耳にラズの愛の歌が聞こえてきた。


大スターであるラズと恋に落ち、電撃的に結婚したレーチェル。しかし、彼の仕事のとりまきたちに囲まれる毎日と大スターの妻というプレッシャーに耐え切れず、家を飛び出します。それから6年。再会した彼は、再び夫婦として暮らすことを要求しますが・・・


★★★




新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2009/07)
ISBN-10: 4596737983
ISBN-13: 978-4596737984
発売日: 2009/07

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

【D-1359】ブルー・レディへの贈り物/アン・オリバー




D-1359.jpg

ブルー・レディへの贈り物 (ハーレクイン・ディザイア)


<あらすじ>
カリッサは“コープ・ホテル”のバーでピアノを弾いていた。青いドレスは彼女のブロンドを美しくひきたて、人々は流れるショパンに酔いしれているが、彼女の心は沈んでいた。さっき、婚約者にふられたのだ。ひとりには慣れてるわ、と強がってみても、後生大事にとっておいたバージンはどうすればいいのだろう。その夜最後の曲を弾き終えた彼女に、声をかけた男がいた。「ブルー・レディに一杯おごらせてくれないかな」日焼けした腕、乱れた髪…見上げたその顔には見覚えがあった。カリッサは震える指を意識しながら、ある決心をした。


恋人に裏切られ、処女の行き場を失ったカリッサは一夜限りの関係を持ちます。相手は、元ミュージシャンでホテルを経営するベン。友人を事故で失い、その責任を心に感じている彼は、カリッサと一夜を共にします。
その後、偶然再会し・・・

★★★



新書: 188ページ
出版社: ハーレクイン (2010/01)
ISBN-10: 4596513597
ISBN-13: 978-4596513595
発売日: 2010/01

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

【R-2184】憎しみは愛の横顔/ルーシー・モンロー




R-2184.jpg

憎しみは愛の横顔 (ハーレクイン・ロマンス)


<あらすじ>
一年前、エリーザはサルバトーレを愛し、彼の子を身ごもった。だがサルバトーレは自分の子だと信じようとしなかった。口論のあげくエリーザは小さな命を失い、憎しみをいだいたまま、彼のもとを去った。いまは宝石店で働くエリーザを、ある日サルバトーレが訪ねてくる。エリーザはさる王家の戴冠用宝玉を扱う立場にあり、その身を案じた彼女の父親の依頼で護衛しに来たのだという。エリーザにとってはつらすぎる再会だった。不本意ながらアパートメントまで同行を許したエリーザに、サルバトーレはさらなる要求を突きつけてきた。


恋人の子供を妊娠したものの、あまりにも早い展開だったため、前の男性との子供ではないかとなじられ、別離。その上流産するというつらい体験をしたエリーザ。そんな彼女の前に、元恋人サルバトーレがボディガードとして現れます。表向きは、宝石を守るため。でも真実は、エリーザとの関係を復活させることが最上課題。

この作品では、二人の関係性はもちろん、その失敗要因を作った言葉の誤解、人間関係を紐解いていく様がポイントとなっています。お互いの気持ちを確かめ合って、結婚まで決まったところで最上級の苦しみが訪れるところなんてぐさっときます…男ってバカすぎる!

★★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2007/04)
ISBN-10: 4596121842
ISBN-13: 978-4596121844
発売日: 2007/04

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 00:50| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

【D-1448】ワイルド・レディ/アン・メイジャー




D-1448.jpg

ワイルド・レディ (ハーレクイン・ディザイア)

<あらすじ>
式当日に花婿に捨てられたキットは、実のところほっとしていた。幼なじみとのこの縁談は家族の強い勧めによるものだったし、何より、もう五年もたつというのに、かつて愛し、そして裏切られた元恋人テッドを、忘れられずにいたからだ。一方、父親はキットが落ち込んでいると考えたらしく、気晴らしも兼ねてヨットレースのクルーを務めてほしいと頼んできた。父親がライバルだと目をつけているのは“ワイルド・レディ”号。それは昔テッドに呼ばれていた愛称で、キットの心はざわついた。まさか船の所有者がテッド・ブラッドリーその人で、五年ぶりの再会が目前に迫っているとは思わずに。

結婚式当日、幼馴染で親同士が望んだから選んだ相手に逃げられたヒロイン。
その後元恋人に再会して…

★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2011/04)
ISBN-10: 4596514488
ISBN-13: 978-4596514486
発売日: 2011/04

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

【I-2178】ナニーの恋人宣言/スーザン・メイアー




I-2178.jpg

ナニーの恋人宣言 (ハーレクイン・イマージュ)


<あらすじ>
家事代行会社に勤めるエリーは、休暇中の経営者から留守を任され、張り切っていた。ところが初日から、いきなり問題が起こった。世界的なホテルチェーンの代表であるマックから、住み込みの養育係兼メイドの派遣を依頼されたのだ。ナニーの派遣は業務にないが、顧客の彼を逃すわけにはいかない。エリーはみずからその仕事を引き受けることにした。だが、美術館のように美しいマックの屋敷には不可解なことばかり。妻の姿がなく、マックは肝心の子供たちの世話を任せようとしない。この屋敷では、いったい何が起こっているの…?やがてエリーは、子供たちの母親について驚くべきことを聞かされる。ハネムーン中の友人から会社の留守を預かり、意気込むエリー。『ミリオネアの償い』にも登場した、“マジック”こと、エリーのにぎやかな恋の顛末。


孤児だったエリーが家事代行会社の社員として関わることになったマック。大企業の経営者で、離婚歴があり、幼い子供を抱えている。彼は子供たちを別れた女優の妻から受けた心の傷と、これから受けるかもしれない宣伝につかわれる可能性を考え、秘密主義に暮らしています。そのため、初めはすごく硬い関係なのですが、エリーのやさしさに触れるうちに、徐々に打ち解け始めます。

【I-2166】ミリオネアの償いに登場したエリーが主人公です。

★★★



単行本: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2011/7/1)
ISBN-10: 4596221782
ISBN-13: 978-4596221780
発売日: 2011/7/1


読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | ハーレクイン・イマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

【R-2092】愛の記念日/リン・グレアム




R-2092.jpg

愛の記念日 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
アンドレアスと出会って二年目の記念日を目前に、ホープの心は弾んでいた。だがお祝いの計画を練るホープに、友人が心ない言葉を浴びせかけた。ギリシアの大富豪で、プレイボーイのアンドレアス。その彼にとって、ホープはただの愛人でしかないというのだ。だから、記念日を祝ったりするのは逆効果だと。そんなわけないわ!でも…本当にそう言い切れる?確かに将来を話し合ったことも、家族や友人に紹介されたこともない。私は彼にとって、都合のいい存在だったのかしら。数日後、その不安は現実となって彼女に襲いかかった。


身分違いの関係だとわかっていたものの、2年も生活を共にしていたのだから将来があるものだと思っていた。2年のお祝いをしようと思ったら、それをすげなくかわされてしまい、おまけに彼の妹からは娼婦呼ばわり。そして、その妹の諫言で、浮気を疑われ、別れることに。
その相手との関係を進めるか考えている矢先、妊娠が発覚して・・・

ちょっとぽっちゃりめだから、妊娠がなかなか気づかないというパターン。

上杉可南子によりコミック化されています。

★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2006/02)
ISBN-10: 4596120927
ISBN-13: 978-4596120922
発売日: 2006/02


読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 19:27| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

【T-350/HR-172】三万ドルの恋人/リアンドラ・ローガン




T-350.jpg


HR-172.jpg

三万ドルの恋人 (ハーレクイン・テンプテーション)

三万ドルの恋人―愛は落札ずみ (ハーレクイン・リクエスト)

<あらすじ>
「三万ドルちょうど!決まりです、赤いドレスの女性に!」シャーリーの心臓は早鐘を打っていた。憧れのギャレットが今夜、私のものになる!ギャレット・マクナマーラ―上流社会の貴公子。兄の同級生でもある彼は、シャーリーの初恋の人だった。コーヒーショップの店員の彼女とは、住む世界が違う。それがわかっていても、シャーリーは彼のことが忘れられなかった。ギャレットは平凡で妹のような私には惹かれないかもしれない。でも、炎のように情熱的で大胆な美女ならどうだろう?そこでシャーリーは一世一代の芝居を打つことにした。ギャレットが慈善パーティで競りにかけられると知り、全財産をはたいて、彼を競り落としたのだ―。シャーリーではなく、赤いドレスをまとった謎の女“フレーム”の姿で。競りに勝った彼女には、ギャレットとの理想のデートが用意されていた。そして思惑どおりフレームの虜になった彼と熱い一夜を過ごしたが…。


初恋の人を変身した自分でオークションで落札し、一夜を過ごす。
その後、素の自分で再会しても一向に気づかれないというのは謎ですが、そこから秘密の女性探しに付き合わされるという展開は面白いですね。

宮花みんによりコミック化されています。

★★★



<T-350>
新書: 188ページ
出版社: ハーレクイン (2000/01)
ISBN-10: 4596000468
ISBN-13: 978-4596000460
発売日: 2000/01

<HR-172>
新書: 188ページ
出版社: ハーレクイン (2008/04)
ISBN-10: 4596761728
ISBN-13: 978-4596761729
発売日: 2008/04


読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2012年01月03日

【R-2247】パリの夜に捧げて/ジュリア・ジェイムズ




R-2247.jpg

パリの夜に捧げて (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
祖父が亡くなり、天涯孤独の身となったバネッサは、悲しみを癒すため、憧れのパリへと旅立った。ところが、最初に訪れたノートルダム大聖堂で、何人もの男につきまとわれ、観光気分も消し飛んだ。そこへ思わぬ救い主が現れる。「男が寄りつかないよう、僕が君のボディガードになろうか?」不良たちを追い払ってくれたうえ、あくまで紳士的な彼に、バネッサは心を許し、パリの街を案内してもらう。マルコスと名乗った彼がギリシアの大富豪と知ったのは、それから一週間後、彼にすべてを捧げたあとだった。「麗しき罪人」にも顔を出していたバネッサとマルコスの恋のゆくえ。バネッサを愛人としか見なしていないマルコス。それゆえ成就まではかなりの紆余曲折が…。


パリの街で出会ったギリシア人男性マルコスと恋に落ちたバネッサ。彼の「愛人」となるのですが、その意味は、彼にとっては「結婚しないで愛の関係を持つ」という意味でも、彼女たちそのほかの欧米人にとっては違い…
そしてその事実が明らかになり、傷ついた彼女をマルコスの結婚話が追い打ちをかけます。身重の身体を抱えて部屋を飛び出したバネッサと、彼女を追いかけるマルコス。二人の「言葉」の壁が取り払われるのは。。。

【R-2232】麗しき罪人の関連作。

★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2007/12)
ISBN-10: 4596122474
ISBN-13: 978-4596122476
発売日: 2007/12

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【HS-69/HHB-12】十年目の蜜月/ポーラ・マーシャル




十年目の蜜月.jpg

十年目の蜜月 (ハーレクイン文庫)


<あらすじ>
「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」訳もわからぬまま礼拝堂の祭壇に連れていかれたベスは、紅顔の美少年が口にしたその言葉に、幼い心をえぐられた。少年の名はドルー―高貴な伯爵家の跡継ぎで、彼こそ、まだ10歳のベスにと定められた若き花婿だった。不器量な自分がこんな美少年の妻になるなんて耐えられない。ベスは泣いて嫌がるも、式は進み、二人は正式な夫婦となる。儀式を終えるや彼は立ち去り、音沙汰もなく歳月だけが流れた。夫が気まぐれに帰ってきたのは、10年後のことだった。


幼い結婚式以来、10年もの間会っていない夫婦。夫が10年ぶりに訪れた領地で、妖精のように美しい女性を見つけ、口説こうとしら、なんとそれは「猿」とまで貶めた妻の成長した姿だった。
そこからいきなり床入り・・・となるのはヒストリカルな展開なのですが、一気に心を近づけていく二人。あんなに仲が悪そうな展開だったのにそれでいいの?と思いつつも、サスペンスなお話も混じってなかなか面白かったです。

★★★



文庫: 356ページ
出版社: ハーレクイン (2011/3/1)
ISBN-10: 4596933561
ISBN-13: 978-4596933560
発売日: 2011/3/1

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 00:00| Comment(0) | ハーレクイン・ヒストリカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

【R-2164】終わらない誘惑/マーガレット・メイヨー




R-2164.jpg

終わらない誘惑 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
十六年前、カースティは恋人のルーチョの子供を身ごもったが、なにも告げずに彼のもとを去った。ルーチョは当時から仕事にすべてを捧げていて、結婚して家族と過ごす気などまったくなかったからだ。今、カースティはある必要に迫られて、不本意ながら彼に電話し、再会を果たした。三十五歳になったルーチョはさらに魅力を増している。彼の誘惑に屈するつもりはないけれど、その瞳に見つめられただけでいまだに欲望がわき起こる。私はこれからどのようにルーチョとかかわっていけばいいのだろうか。


お話の展開は悪くないのですが、彼が彼女を引き止めるためにやることが極悪!こんなことやられた相手をすぐに許すのってどうなんでしょう・・・

★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2007/01)
ISBN-10: 4596121648
ISBN-13: 978-4596121646
発売日: 2007/01

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by YUKO at 10:00| Comment(0) | ハーレクイン・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【D-1425】シークと籠の小鳥/スーザン・スティーブンス




D-1425.jpg

シークと籠の小鳥 (ハーレクイン・ディザイア)

<あらすじ>
ルーシーは、内気だけれど腕のいいシェフとして、高級スキーリゾートのロッジを切り盛りしていた。今日は男性ばかりのお金持ちのご一行が到着予定だが、名簿に一人、匿名の人物がいる。しかもボディガードつきだ。よほど高い地位にある人なのね…要求が高すぎなければいいけれど。一抹の不安を感じながらも、ルーシーはディナーの用意に勤しんだ。その夜。あろうことか、ルーシーは大失態を演じた。一人の客と目を合わせた瞬間、料理を床にぶちまけてしまったのだ!黒髪に浅黒い肌の男性が、王のごとき威厳をたたえた目で睨んでいる。ああ、彼が匿名の人物だ。わたしはきっとくびにされてしまう…。


会社からの指名で特別な客を出迎えるロッジを仕切ることを求められたシェフのルーシー。そこで出あった「マック」という男性に惹かれていくが、実は彼は中東のシークで……。

一定期間のみの関係が、妊娠という新しい展開で別の道を切り開いてしまう。その事実を明かすために、彼の母国イスラ・デ・シネバルまでルーシーは追うのですが、そこではじめて彼がシークでること、本名はラジであることを知ります。

★★★



新書: 188ページ
出版社: ハーレクイン (2010/12)
ISBN-10: 4596514259
ISBN-13: 978-4596514257
発売日: 2010/12

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2012年01月01日

【R-2394】天使と悪魔の結婚/ジャクリーン・バード




R-2394.jpg

天使と悪魔の結婚 (ハーレクイン・ロマンス)

<あらすじ>
一族が主催した仮装ダンスパーティで、ぴちぴちの赤い悪魔の扮装をさせられたエミリーは、黒衣の天使に扮した実業家、アントン・ディアズに紹介される。「僕はきみが欲しい」初対面での誘いに驚きながらも、彼の魅力にはあらがえず、エミリーはすぐに恋に落ちた。そして性急なプロポーズののち、挙式を済ませた二人はハネムーンを過ごすために、南フランスへ向かった。だがすばらしい愛の交歓の翌日、アントンは目に憎悪をにじませながら、エミリーと結婚したほんとうの理由を告げた。


愛し、愛されて結婚したと信じていたのに、その結婚は復讐の一環だった。

一方、復讐のはずだったのに、妻への気持ちが募ってしまう夫。

ちゃんと恋愛をしているはずなのに、復讐心が邪魔をして、ちゃんと伝えることができない。そして、その誤解が解けて、初めて対等になれたはずなのに、結婚は終わってしまう……
人の言葉のやりとりとベッドのシーンが豊富で、一応周囲の人は登場するのですが、まるで2人だけの舞台劇を見ているような作品です。

檀からんによりコミック化されています。

★★★★



新書: 156ページ
出版社: ハーレクイン (2009/06)
ISBN-10: 4596123942
ISBN-13: 978-4596123947
発売日: 2009/06

読んだ方はポチットお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。